眼科往診

①自覚できる症状
逆さまつげ・異物混入・角膜にキズ ➡痛い・チクチク・しょぼしょぼ
メヤニ・充血・アレルギー ➡気になる・痒がる
眼底出血・網膜剥離・飛蚊症 ➡急に見づらい・虫が飛ぶ
白内障(60才以上でほぼ発症)) ➡かすむ・見ずらい・まぶしさ
②周りが見て分かる症状(他覚)
結膜炎(充血・メヤニ)結膜下出血・目の腫れ ➡周囲が気づく
③自覚も他覚もない病気
緑内障 ➡視野が狭くなる
糖尿病網膜症 ➡自覚症状なく周囲も気づかない
※糖尿病網膜症は失明原因の第1位
※緑内障は5人に1人の有病率で失明等危険性の高い病気

●検査の流れ

第一検査(屈折検査・眼圧検査)
【屈折検査】 目の度数を測定します
【眼圧検査】 非接触眼圧計で目の硬さを測定します
眼圧が高い(眼球圧)と緑内障が疑われます
第二検査(視力検査・調整検査)
【視力検査】 視力(裸眼)を測定します
【矯正検査】 レンズを用いて視力(矯正)を測定します
【調節検査】 近見視力計を用いて視力を測定します
 白内障や眼底に疾患があると視力が上がりません
第三検査(視野検査・眼底カメラ)
【視野検査】 簡易的な視野検査
 緑内障では視野の範囲が狭くなります
【眼底カメラ】 眼底(目の奥)を写します
 白内障では白く濁ってみえます
第四検査(診察・眼底検査)
【診察】 目の表面や眼底を見ます
目のキズや眼底に疾患がわかります
【眼底検査】 目の奥を見ます
 眼底出血や白内障・視神経緑内障の疑いがわかります

『眼圧とは』眼の圧力(眼の硬さ) 正常範囲10~20mmHg 眼球の形を球形に保つ

眼圧が高い➡緑内障

眼圧が低い➡視力低下・網膜剥離・外傷による疾患