プログラム

♦学習コース
  • 得意な科目、苦手な科目のサポート
  • 読み、書き、計算を中心に学習の方法を学ぶ
  • 苦手なことをサポートできる支援道具の紹介
  • 家庭学習の方法を伝授
♦運動コース
  • 空間、遊具に合わせた体の使い方を学ぶ
  • 感覚統合を用いながらの感覚調整
  • 運動を通しての対人交流を促す
  • 粗大運動から微細運動までを組み合わせる
♦プログラミングコース
  • 設計図から構成、完成までの一連の作業を遂行する
  • 企画力、構成力、遂行力、集中力を養う
  • 活動を通して対人交流を図る
♦食育コース
  • ・健康や食べる楽しみを持つ
  • ・食材を育てる経験、ご飯を作る経験
  • ・日本の食文化を学ぶ
  • ・アレルギー、好き嫌いなど食事の対応法を学ぶ

  内容
  ・調理実習・バイキング・体験給食・献立、栄養量のアドバイス
  ・野菜栽培・手洗いや歯磨きの練習・食事マナーの勉強

療育プログラム

A)個別プログラム(専門職)
  • 〇1人30分 対象者:10人
  • 〇認知面・運動面・対人交流を中心
B)集団プログラム(保育士・児童指導員)
  • 〇1グループ5〜6名前後を対象
  • 〇曜日により内容変更
♦その他プログラム
  • ①ご家族相談
    ・カウンセリング
    ・栄養相談(第2金曜日9:30~12:00)
  • ②親子体操教室
  • ③ホームプログラム
  • ④進路相談
  • ⑤個別療育