image_pdfimage_print

日本スポーツ栄養学会 第8回大会
8/27(土)、8/28(日)の2日間、相模女子大学にて開催され、参加させていただきました。

様々な競技の栄養サポートについて発表がある中で、

どのチームの栄養士さんもコロナ禍において、

直接選手と関われる機会が制限された中、

選手の身体づくりに試行錯誤されていました。


栄養士は『管理』と『放任』の間でサポートする

という講演の先生の話がありました。


考えて食べることを増やす。しかし選手に任せすぎない


主体的に動ける選手を育成するためのコーチングスキルを身につけることが課題であると感じました。


選手の行動変容を促す介入として、

その人にとっての強化子は何かを考え、

スモールステップで行動変容を促していくことなど

コミュニケーションについても学ぶ機会となりました。


栄養士はチームの目的、目標達成のために存在する

競技は異なっても体重と体脂肪率のコントロールが重要であり、

栄養士のスキルが求められることを実感しました。


企業展示では、プロテインや補食飲料、食事記録用のソフト、

体組成計などが展示されていました。

活躍されている先生方のご講演を聞き、新しい発見や学び、

気づきがあり刺激となりました。


今後の活動に活かしていきたいです。

電話をかける