こんにちは!
梅雨が明け、いよいよ夏本番がやってまいります。
強い日差しや暑さに負けないよう、熱中症対策をして夏本番を乗り切りましょう!

スポーツ栄養だより夏号では、熱中症対策のための理想的な塩分・糖質量や
市販のスポーツドリンクの有効な使い方などをご紹介しています。
ぜひご覧になってください✨


今日は、7月7日【七夕】ですね。
子どものころは、この時期になると毎年てるてる帽子をつくって、
織姫さまと彦星さまが出会えるよう夜空にお祈りをしたのを思い出します。

実は七夕には、そうめんを食べる風習があるのをご存じでしょうか。

さっぱりと食べられる素麺は、暑い夏の食卓によく登場します。
暑くて食欲がないけど、素麵なら食べられる~なんて方も多いのではないでしょうか。

しかし、素麺だけだと栄養不足。夏バテになりなりやすくなってしまいます。
今日はそんな素麺に一手間かけて、おいしく栄養を摂る食品をご紹介させていただきます。

●≪豆乳≫を追加
 たんぱく質や鉄分を摂取することができます。
 味噌やラー油、ごまで味を整えれば担々風素麺の出来上がりです。

●≪豚バラ肉≫を追加
 たんぱく質やビタミンB1、ナイアシンを摂取することができます。
 ネギと一緒に強火で炒めてごま油、塩で味を調整し塩豚ネギ素麺
 茹でた豚肉に胡麻ドレッシングをかけて冷しゃぶ胡麻素麺・・
 豚バラ肉を追加すると、食べ応えもUPして腹持ちが良くなります。

●≪納豆、オクラ≫を追加
 ペクチンという食物繊維を摂取することができます。
 動脈硬化の予防やお腹の調子を整えるネバネバ食材は季節問わず1年中を通して摂っていきたいですね。

今回ご紹介した食材は調理時間も短く、素麺を茹でている間に同時調理することができますので、
お台所に立つ時間は短く、食事の時間を楽しむ時間をたっぷりとれますね!

7月7日の七夕に、行事食の素麺でより健康な夏を迎えましょう。✨

電話をかける