高齢者の方でも食べやすく、栄養をとりやすいレシピの紹介「第2弾」です。
今回のテーマは「糖尿病患者さん向けのレシピ」です。
                                                                 糖尿病の食事で気を付けるべきポイントを紹介します。


自分の体にあったエネルギー量(必要カロリー)と栄養バランスがとれた食事を規則正しく摂取することが大切です。


血糖値安定させるために、できるだけ1日3食均等になるように食べ、食事時間も一定の間隔をあけて規則的に摂るようにしましょう。


・血糖値の急激な上昇を抑えるために、しっかりよく噛んでゆっくり時間をかけて食べることも重要です。


食物繊維をたくさん摂りましょう。満腹感を与えるほか、消化吸収を緩やかにし、血糖値の上昇を抑える働きがあります。


 ※「糖尿病診療ガイドライン2019」では、糖尿病における食物繊維の目標量を20g/日以上と推進されています。


塩分は控えましょう。高血圧を招き合併症のリスクも高まります。



〜イワシとトマトのレモンサラダ〜
〇材料(2人分)
・イワシの水煮缶 120g(1人分1.5単位)
・トマト 1/2個  ・玉ねぎ 1/4個  ・レタス 50g
・マスタード 小さじ2  ・レモン汁 小さじ2  (・オリーブオイル 小さじ2 ・ワインビネガー 少々 ・こしょう 少々)

〇作り方
①玉ねぎは薄切りにして、500wのレンジで1分加熱。
②トマトは大きめのサイコロ状に切る。イワシは軽くほぐしておく。
③調味料を全て混ぜ合わせる。
④大きめのボールにレタス以外の材料を全て入れ混ぜ合わせる。
⑤皿にレタスをしき、その上に3を盛り付け完成。

〇栄養成分
エネルギー:143kcal たんぱく質:14.3g 脂質:6.5g 食物繊維:1.2g 炭水化物:5.8g 食塩相当量:0.2g

☆イワシやサバなどの青魚にはDHA、EPAと呼ばれる脂が含まれており、これらは中性脂肪や血圧の上昇を抑制する効果があります。


米酢ワインビネガーバルサミコ酢など、酸味を利用すると味にメリハリがつき減塩ができ、血糖値を抑える働きがあります。


※疾患による食事制限があり心配な方は、主治医や管理栄養士と相談してください。

電話をかける