9月に行われた部内勉強会 をご紹介させて頂きます。

「フィジカルアセスメント・頸部聴診法」・「認知症」の2つについて学びました。


● テーマ「フィジカルアセスメント・頸部聴診法」

聴診器の使い方の基本から学び、職員同士で水分摂取やスナック摂取の頸部音を聞きました。

● テーマ「認知症」

認知症では、アルツハイマー型・レビー小体型を中心とした内容で、

認知症の治療薬と栄養との関連性や、認知症患者へのアセスメント、食支援内容等盛りだくさんな内容でした。

2020年の65歳以上の高齢者の認知症有病率は16.7%と6人に1人程度が認知症有病者となります。

訪問している患者さんでも認知症の方は多く、今回の勉強会の内容を実践にも活かしていきます。

電話をかける