診療科目 ●内科 ●外科 ●整形外科
●精神科 ●緩和診療内科 ●皮膚科
●眼科 ●耳鼻科  

クリニック概要
眼科診察内容

在宅訪問から施設訪問まで医師と眼科検査員・眼科診療補助員がお伺いします


♦屈折検査

【外来の機械】

【往診の機械】

中の気球は飛んだりしませんが機械がわざとピントをずらしてぼやかしたりします

近視・乱視・遠視などを測定し眼鏡矯正などの参考にします

♦眼圧検査

【外来の機械】

【往診の機械】

外来では空気を目の表面に当てて目の圧を測定します。訪問の際は機械の先に小さい棒をつけてその棒を目の表面に当てて測定します。痛みはありません。

眼圧が高い▶緑内障など眼圧が低い▶視力低下・網膜剥離・外傷による疾患 上記などを調べるとても大切な検査です

♦眼底カメラ

【外来の機械】

【往診の機械】

【写真例】

眼底の写真を写します

眼底疾患や視神経や血管の状態を確認します

♦視力検査

【外来の機械】

【往診の機械】

訪問では検査用の眼鏡をつかい字一つ字(3m)視標で視力測定を行います

裸眼を測定し矯正レンズで最高矯正視力を測定します
眼鏡をお持ちであれば眼鏡度数・眼鏡視力も測定します

♦静的視野検査

【外来の機械】

【往診の機械】

中を覗いて下記のウニョウニョが見えたらボタンを押します

見える範囲の簡易的な検査です

♦アムスラー検査

【正常な見え方】

【(例)加齢黄班変性症】

碁盤の目のような図の中心【1点】を見て、格子のゆがみを調べる検査です。片目づつ測定します

黄斑変性症などの有無を判断します

♦シルマー(涙液)検査

  

専門のろ紙をはさんで、5分間でどの長さが濡れるかを調べる検査です

涙の量を調べる検査です

« トップページに戻る