9月は「防災月間」です!

防災や防災グッズについて話し合いをするなど今一度災害に備え、取り組んでみてはいかがでしょうか。

今回は災害時役立つ、『パッククッキング』を紹介します!

パッククッキングとは

食材をポリ袋に入れ、袋ごと湯せんで加熱する調理法です。


パッククッキングは一度の加熱で様々な食材を調理できる、鍋が汚れず、

袋に入れたまま盛り付ければ食器も汚れないため衛生的、などたくさんのメリットがあります。

備蓄と一緒にカセットコンロとポリ袋を準備しておくことで、

災害時であっても温かい食事を食べることができます。


栄養ケアステーションでは、パッククッキングをはじめとした

災害時の食事についての提案や日頃からの備えについてなどなど、

食や栄養に関する悩みにお答えします!

ぜひお気軽にご連絡下さいませ!