診療科目 ●内科 ●整形外科 ●精神科
●眼科 ●皮膚科 ●泌尿器科
●耳鼻科 ●歯科 ●訪問リハビリ
●訪問看護 ●訪問栄養指導  

勉強会のお知らせ

参加者の声

勉強会に参加いただいた皆様の声をご紹介します

第5回 2018年5月30日

Q1.何でこのセミナーをお知りになりましたか?
  • 勉強会開催のご案内を見て...12人
  • その他(FAXにて)…2人
  • その他(担当者より連絡をいただきました)
  • その他(横須賀店より案内あり)
Q2.今後、取り上げてほしい内容・テーマなどを教えてください?
  • ガン末期の方の支援など
  • 医療に関することなら
  • 訪問リハビリについて(上手な使い方、事例の紹介)
  • 今日のような事例を出していただけるとよくわかってよいと思います。(直接、先生からお話を伺う機会があり次回も参加したいと思います。)
  • 精神疾患のご家族がいる方とのコミュニケーションの取り方などの事例を伺いたいのです。
  • 訪問診療お導入が困難な方への支援方法
  • ケアマネとの連携について
  • 看取りについて…2人
  • 医・介連携について(居宅栄養管理指導導入について、在宅の方への説明など情報共有について)在宅型の施設との関わり方について
  • 事例を通しての話は理解しやすかったです。
Q3.何が決め手となってセミナーに申し込まれましたか?
  • 困難事例というテーマ
  • 医療に関係していたから
  • 当日近くの利用者宅に訪問があり
  • テーマに興味がありました。
  • 以前からこちらにお世話になっているので一度参加したいと思っていました。
  • 他店のCMに勧められたことと事例検討という言うことで自分の引き出しを広げられたらと思い申し込みました。
  • 在宅医療の困難事例を知ることができるという点
  • 在宅でのお看取りやターミナルのご利用者様を担当することが多く、訪問診療の先生との連携について学びたいと思いました。
  • こちらの医院に興味があった。
  • 立野先生がお話をされるとのことで
  • 自分の勉強の為
  • サービス付高齢者向け住宅にて貴院のご協力を頂いており、その先生のセミナーと聞いてお話を伺ってみたく申し込みました。
  • 医師にとっての困難例ってどんなものが?と興味があり参加しました。
  • 電話や報告書,指示書の交流が多かったので実際にお話をお聞きしたいと思い参加申し込みしました。
Q4.ご自由にご意見をお書きください。
  • 時間があればまた参加したいです
  • 本日は貴重なお時間を頂けましたことに感謝いたします。今後もよろしくお願いいたします
  • 葉山への訪問診療のお願いができればと思っています。よろしくお願いいたします。
  • 事例を検討しながらとても勉強になりました。Faとのかかわりがむずかしく、治療に結び付けるまで時間をかける必要があると思いました。
  • 『笑顔』先生がおっしゃっていたとおりに忘れずにしたいと思います。
  • 困難事例を3つ紹介して頂き、介護や医療での正解は何が一番なのかは、わからない、答えはないと分かりました。いつも利用者様、ご家族様の立場にたって、笑顔で対応していきたいと改めて思いました。

« 勉強会のお知らせに戻る

参加者の声テスト