職員の声

当法人で活躍する新人と管理職職員にインタビュー。新卒入社の人、中途職員として入職した人。様々ですが、今の職業に就いた理由や現在の業務内容を中心に話を聞きました。




① 管理栄養士になったエピソードを教えて下さい

小学4年生からバスケットボールに夢中になり、中学高校をバスケができる環境の整った学校に進みました。高校の部活の一環でアスリートと食事について学ぶ機会があり、その内容がとても興味深いもので栄養学についてもっと学びたい!と思ったことをきっかけに管理栄養士を知りました。アスリートに向けた栄養管理のほかにも患者さんの疾病ごとに異なる様々な栄養管理や年齢に応じた様々な栄養管理があり、病院や保育園など様々な環境で活躍する職業であることに強く惹かれ、管理栄養士になることを決心しました。そして管理栄養士養成課程のある大学に進学し国家試験を経て管理栄養士になりました。

② 現状の業務内容を教えて下さい

現在私は主に医師の訪問診療が円滑に進むよう事務的な作業を行う同行事務を行っています。 1人の患者さんに対して、必ずしも固定された先生が毎回往診を行うのではないため、患者様の元に行く前に患者様の情報を先生にお伝えすることが求められます。特に往診の目的を明確にすることが最重要で正しく伝えられるよう準備しています。事務的な作業ではありますが様々な疾病の患者さんと直接関わることは、国家試験の勉強で学んだことの実際を知ることのできる機会であり、人体の構造や臨床を学んだからこそ気付けることもあると感じています。今後栄養指導の業務を行う時に、往診同行での先生方とのやり取りで学ぶことや患者様の情報収集が活かせるのだろうと考えています。
栄養部の活動としては私は現在、直接患者様の栄養指導を行っておらず、栄養指導の実際を見て学ぶ修行中です。現場では患者様の普段のお食事や生活を傾聴し、浮腫や口腔状況を直接確認したり必要栄養量と摂取栄養量をその場で概算し、状態に応じたお食事の提案や工夫、嚥下機能の回復を促す体操などを行っています。医師をはじめ様々な職種と連携しながら患者様をサポートしています。

③ 求職されている皆さまにメッセージ

当法人は、様々な理由で通院ではなく訪問形式の診察を望む患者様に対した定期的な訪問診療を中心に行っています。1人1人の患者様に対して様々な職種の者が関わり、より良い医療を提供できるよう医科分野・歯科分野・介護分野の各部署が連携しています。
栄養部では栄養指導業務だけでなく医師の往診に同行する業務も行っており、栄養管理の面だけでなくその患者様の治療についても把握しています。様々な視点から状態を捉えて思考ができる、毎日刺激があり日々成長を感じることができる職場です。
最後に、栄養指導では栄養や食事について知識や工夫を提案するもので、病院施設などのように直接調理を提供するわけではない分、そう簡単にコントロールできないこともありますが、限られた条件の中で他職種と連携し患者様1人1人に合ったサポートを行うことはとてもやりがいを感じます。
多職種連携で患者様を支え、管理栄養士として日々成長できるこの職場でぜひ一緒に活躍しませんか?お待ちしております!




求人情報はこちら

ページTOP